トップページ > 新着情報 > 所長のほぼ週刊ブログ

所長のほぼ週刊ブログ

世界スポーツ史上最高の試合は?

世界的な意見ですとおそらく1980年の冬季オリンピックアイスホッケー決勝アメリカVSソ連と答える方が多いでしょう。

ですが私は「ツールドフランス1989年大会」と断言します。

自転車ロードレースそのものがマイナースポーツなため(といってもヨーロッパではサッカーの次にメジャー競技)日本でこのレースの凄さは周知されていませんが、劇的すぎるレースでした。

 

まずツールドフランスの概要から説明しなくてはなりません。

100年以上前から開催されているフランス一周自転車レースです。毎年7月に約3週間かけてフランスを一周するレースです。序盤は平たんなフランスの農業地帯を走り、後半はピレネー山脈の走り勝敗を決めます。

フランス外周を20区間くらいに分け、1日1区間走り、その累計時間を競うものです。最終日にパリシャンデリゼに帰ってくる3200キロの行程です。

 

1989年大会。それはフランス革命200年記念大会でした。フランス国民の期待はフランスの英雄ローランフィニョンに集まります。そして前年優勝者のスペインのペトロデルカド

そしてそして猟銃の暴発事故から奇跡の復活をしたアメリカの英雄グレッグレモン。当時自転車ロードレースはヨーロッパだけのものという認識があったので1人混ざっているアメリカン人は非常に珍しい存在でした。

この3選手の実力がとびぬけていましたので3人の争いになるのはわかっていました。

 

初日、珍事が起こります。

初日はプロローグと言って5キロ程度、顔見世を兼ねて走ります。5キロ程度の距離なのでほとんど差がつかず選手たちも本気じゃないのですが、なんと前年優勝のデルカドが遅刻するというハプニングが起こります。

ルール上遅刻時間も加算されるため、前年優勝者がいきなりの最下位。初日についた時間差を取り戻そうと、レース序盤から前年優勝者が積極的に飛ばす展開となりました。

 

↓遅刻してあわててスタートするデルカド

pedro-delgado-missed-start-tour-de-france-1989

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース中盤のピレネー山脈ステージ(標高2000mあたりで、鹿児島の川辺峠くらいのアップダウンが毎日150キロ×数日)は日替わりで暫定一位がかわる死闘が繰り返されましたが、最終日を残した時点でフランスのフィニョンが2位のグレッグレモンに50秒の差をつけていました。前年優勝者の遅刻王デルカドは前半のチャージが響いてこのあたりで優勝争いから脱落。

 

 

↓傾斜7%前後の坂を酸欠寸前で死闘を繰り返すレモンとフィニョン

laurent_fignon_overleden-808x1024top25-1_clip_image002_0000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス一周して50秒差!これだけでもすごい話です。

最終日はエピローグと言って、シャンデリゼ通りまでの25キロ程度、時間にして27分弱走るのですが、この距離で50秒の差をひっくり返すなんて常識的に不可能です。

フランス国民はフランス革命200年の年にフランス選手が優勝すると確信してお祭り騒ぎでシャンデリゼに集まります。祝賀パレードの準備も行われました。

 

ここで奇跡が起こります。アメリカのグレッグレモンが信じられないスピードで走りました。20日間フランス一周走りぬき満身創痍の状態なのに、平均時速54.5㌔というトラック競技の世界記録以上のタイムで25キロを走り抜いたのです。

 

結局8秒差で逆転優勝、フランス一周3200キロ走って8秒差!3200キロと言ったら北海道の宗谷岬から直線距離で沖縄どころか台湾までの距離なんです。この長い距離を走って最終日逆転の8秒差!

フランスの優勝を確信していた観客やパレード準備の楽器隊が呆然と立ちすくんでいる中グレッグレモンとそのチームメイドだけが歓喜する異常な光景でした。

 

3200キロ走り抜いた時点の選手が、体調万全のトラック競技選手より早いタイムを出すなんて当然ドーピングを疑われましたが陽性反応は出ませんでした。

当時は色モノあつかいだった空気抵抗を考慮したヘルメットやハンドル、車輪の勝利だったかもしれまんし、定説になっていますが自転車そのものがロードレース用とトラック用では規格がちがうのでロードレース用の自転車の方がスピードが出たのだろうという話です。

 

↓空気抵抗を意識した自転車

Greg-Lemond-Tour-de-France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓中央が優勝したグレッグレモン、左が逆転されて落ち込むローランフィニョン、右が遅刻して最下位まで落ちたけど最終的に3位になってそこそこ満足してるペトロデルカド。

FIG-LEM-PED

衝撃の事実!金の成る木は存在した!(証拠写真あり)

名古屋で仕事があり空き時間に三菱東京UFJ銀行貨幣資料館に行ってきました。

エジプト時代から現代までの国内、海外の貨幣を集めた資料館です。

DSC_5113  

 

金の成る木は本当に存在しました(笑)

種を明かすと、昔の低価値の貨幣の製造は鋳造方式を採用しており、型に熱した鉛等を流し込んで大量生産していました。

冷却後、型を壊し枝部分からブドウをちぎるように外していたようです。みた目まんま金の成る木です。

DSC_5108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西郷札も展示してありました。似非薩摩人の私としては誇らしい限りです。

西郷札は松本清張の小説の題材にもなっているもので、西南戦争時に西郷軍が軍資金調達のために発行されたものですが、実情は無理やり商人や地域住民などに買わせたもので西郷軍の敗北とともに紙切れ同然の価値しかなくなりました。

もっとも貨幣史上めずらしい布製であるため「紙切れ同然」とは表現が不適切かもしれません(笑)

DSC_5112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにヤップ島の石貨もありました。最大級の石貨は写真展示の物です。知らなかったのですが大きいほど価値があるというわけではないようです。

ヤップ島には元々石貨の原料となる大理石等の石がなく、他の島からイカダで運搬したようですが、その苦労度(たとえば嵐にあって多数の犠牲者が出たなど)によって石貨価値が決まったようです。

DSC_5109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務所の職員にこの話を林先生ばりに解説しました。

「小さいからといって価値が低いわけじゃないんだよ」そしてポケットから碁石を取り出し「この碁石は日向のはまぐり碁石と言ってね…」と説明しようとしたら「まさかそれを給料として払うとかいうんじゃないでしょうね」と、ボケる前につっこまれてしまいました。

 

 

 

勝手に開催 騎射場ラーメン王決定戦②

前回、5位「ヌードルラボラトリー金斗雲」 4位「麺匠樹凛」まで発表しました。

その続きです。

 

3位 ひげ坊主

騎射場電停前の角にある、ラーメン屋です。あごダシが特徴的で独創的な味。

これは嫌いな方は嫌いかもです。お昼時でもお客さんが少なく心配しておりましたが、この撮影後閉店してしまいました。

このテナントは曰くつき物件で、その前もラーメン屋、その前はうどん屋と頻繁に廃業しそのまま居抜き物件で次の店がオープンという繰り返し。

そしてひげ坊主のあとに入ったお店はというと…あのマルチョンラメーンです!

開店を知ったときは小躍りしました。あのマルチョンラーメンが頻繁に食べられる!

ところがです、本家に無断で元従業員?血縁者?が勝手に開店したようで、鹿児島ラーメン界ではちょっとした騒ぎとなっています。(したり顔)

本家はフェイスブックって完全否定しています。訴訟に発展するのかなあ。

あご

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位 麺食堂TaRa

元交通局裏にあります。アパートを改築した外観で目立たなく気付かない場合があります。

味はあっさり系とこってり系があります。特徴的なのはスープの量。スタッフの方も恐る恐る運んで来ます。

税理士の立場からすると「ラーメンの原価はほとんどスープなのにこんなに提供して採算あうのか?飲み干すわけでもないのに無駄な提供じゃないのかなあ。この半分の量でも十分だよ」って心配になります。

なにか店主のこだわりがあるのでしょうね。

すでに超人気店で結構並ばされます。

DSC_5082TARA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位 ラーメンしのはら

ここは私にとっても新しい発見でした。この企画で初めて入店したというか、あらかたラーメン店をまわり終えて、頭の中では順位が出来上がっていまして、正直消化試合的な気持ちでお店に入りました。

場所は鴨池公園の向かい、電車通り沿いです。

博多ラーメンです。とにかく早かった。注文して脊髄反射的に出てきた感じです。

ラーメンはファストフードと思っているのでこれは得点が高い。

麺もストレートとちぢれの2種類用意されていまして、しかも替え玉OK。どちらも堪能させてもらいました。昼からラーメン2玉とか10年ぶりでした。

DSC_5079しのはら

 

 

 

 

 

 

次は、鹿児島餃子王決定戦鹿児島ざるそば王決定戦あたりを企画したいです。KTSが実施する前に。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Googleインドアビュー公開 きしゃば会計事務所

みなさんGoogleインドアビューをご存知でしょうか?

インドアビューを知らずとも、Googleマップからのストリートビューはご存知だと思います。

そのストリートビューの室内版がインドアビューです。 ストリートビューは道路を歩いてる感じで建物外観は見れますが、インドアビューは建物内にづかづか入れるんです。

顧問先の美容室がインドアビューをはじめ、うらやましいと思っていた矢先、 鹿児島でのインドアビュー代理店であるキャリコワークスさんと係る機会があり、インドアビュー化してもらいました。

建物内にいくつか撮影ポイントを決め、魚眼レンズのカメラで撮影し画像を張り合わせるものです。

本来はオシャレなカフェや飲食店、美容室がインドアビューを依頼するんですが、何せ新しもの好きなので…

ただ一つ問題がありました。税理士業は顧問先の最高機密の資料などを預かってるので重大な守秘義務があります。

なので事務所内を隅々まで撮影されるのは抵抗がありました。 結局入口付近と、二つの応接室だけ撮影する形になりました。

 

https://goo.gl/maps/R6w9g46AWQk

Googleインドアビュー きしゃば会計事務所

是非、づかづか入ってきてください(笑)

 

http://calicoworx.com/

キャリコワークス株式会社

 

 

 

勝手に開催 騎射場ラーメン王決定戦①

KTS主催の第1回、第2回鹿児島ラーメン王決定戦の放送を観ましたが到底納得出来ない。

「え?ふくまんがベスト10に入らない?」「花一は?」「どうして○○とか△△とかあんな不味いラーメンが上位に来てるんだ??」などど不信感ばかり募るものでした。

おそらく、イベントなので基本若い家族連れが多く、どうしても濃厚系のラーメンが好まれるのでしょう。あっさり系のラーメンがことごとくやられてましたしね。店舗によっては組織票もあったのかもしれません。

そこで!勝手に自分好みのラーメンの選手権を開催したいと考えました。と言っても鹿児島県全体のラーメン店を網羅するのは不可能なので事務所近辺の、騎射場、鴨池、高麗町、荒田、下荒田、郡元辺りのラーメン店を対象に回りました。

条件はラーメン専門店であり、中華料理店なのでメニューにラーメンがあるような店は対象外としました。

回った店は、金斗雲、とん八ラーメン、油そば兎、笑家、樹凛、みゆき、中村屋、しのはら、イオン内我流風、ひげ坊主、きんのむぎ、麺食堂Tara、らーめん家、麺屋一朋etc…

個人的な好みはあっさり系で、出来ればトッピングでチャーシューと煮卵が追加できる店です。ほんとに独断と偏見で選んでいます。

それでは5位から。

ヌードルラボラトリー金斗雲

まず、駐車場がたくさん確保されている点が良い。注文して提供されるまでの時間がわりと短い。器を熱湯にさらしてるので器がやけどしそうなほど熱い。つまり冷めにくい。ニンニクを自分で潰してトッピングできる用具がある。など自分的には評価が高かったです。

金斗雲

 

 

 

 

 

 

 

 

次に4位

麺匠樹凛

いきなりですが店内のフィギア、あれなんとかならないのか。ワンピース関連は百歩譲って「感化されてんなあ」って許せるけど、カウンターに萌え系のフィギア、たぶんラブライブとかいうのが10体から並んでるのはドン引きもんです。パンチラフィギアと対峙しならラーメン食べさせられる身にもなってほしい。

あと注文してから提供されるまでの時間がやたら長い。店が混んでるわけでないのに15分以上またされることも多い。ラーメンはファストフードだと思っているのでこの待ち時間は致命的な気がします。

ただ味は最高点をつけたい。回った全店舗のうち一番おいしいと思う。

樹林

 

 

 

 

 

 

 

次回は3~1位を発表していきたいです。

 

 

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 第4部 放送開始

自己プロフィールにも載せていますが、私はジョジョの奇妙な冒険のファンです。

特に第二部と第四部が好きなのですが、今春第四部の放送が始まりウキウキしています。

 

そもそもジョジョの奇妙な冒険とはどんなストリーリーか?

第一部は、バンパイアと波紋使い(気功みたいなもの)との戦い

第二部は、究極の生命体(地底人の生き残り)と波紋使いとの戦い

第三部は、再びバンパイアと、スタンド使い(守護霊みたいなもの)との戦い

第四部は、スタンド使いとスタンド使いとの戦い

 

1800年代のロンドンから近未来の日本までの時代時代をジョースター家の子孫たちが演じる正義と友情を描いた人間賛歌です。

第一部から第三部までは、人類の存亡を賭けるようなスケールの大きな戦いの話なのですが、第四部は一転、杜王町という小さな街で時々起こる殺人の犯人を追い詰めて退治するというのがストーリーの軸です。

第四部の最終的な敵である吉良吉影は非常に器の小さい男なんです。窓際会社員ですし(笑)

第一部から第三部のような「人類を滅ぼす」「地球を支配する」とかいう壮大な野望でなく、「時々人を殺したい」程度の願望なんです。

ですが!私はコミック史上最高の悪役だと思ってます。(ちなみに私のアイコンイラストのネクタイは吉良吉影仕様なんです)

第四部の主人公東方仗助のスタンド能力は「壊れたものを直す、怪我を治す」などですが、悪役吉良吉影のスタンドの能力は「どんなものでも爆弾に変えれる、何でも爆破出来る」と相反する能力なんです。

ラストの「壊すvs直す」の攻防バトルは、コミック史上最高の戦いでしょう!しまいには時間さえも爆(おっとネタバレ)

 

おそらく半年間の放送だと思いますが毎週金曜夜10時(アニマックス)が待ち遠しいです。

 

公式サイト「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」

http://jojo-animation.com/

2015-11-19-10-29-01-31889200-658x370

 

 

 

 

騎射場放浪記⑥ 欧風レストラン「グリルダイナー」

以前から「おいしい」と噂は聞いていましたが、事務所から微妙に距離があるので行きそびれていました。

ビデオBIG荒田店の裏あたりにあります。

てっきり駐車場がないものと勘違いしていましたが道路向かいに4~5台分確保されていました。

それに気づき外回りの途中に寄りました。

DSC_5070

奮発して1550円(税別)のランチコースを注文しました。

ハンバーグメインのレストランで、ハンバーグのほかにサーモンのポワレやカニクリームコロッケなどもありますが、

迷ったあげく、黒豚ほほ肉の赤ワイン煮込みとメンチカツレツコースを注文。

まずは名物のトマトサラダ。湯引きして皮をむいたトマトにサラダの詰め物がしてあるものです。

DSC_5063

次にちょっとしたオードブル。カキフライ、サーモンのオムレツ、ポテトサラダ。

DSC_5064

そしてサツマイモとお米のスープ。

DSC_5065

いよいよメインの黒豚ほほ肉の赤ワイン煮込みとメンチカツレツ。そしてパン(ごはんも選べるようです)

DSC_5068

おいしかったです。

最後にコーヒー(ウーロン茶やオレンジジュースも選べるようです)とデザート

DSC_5069

大、大満足のボリュームと味でした。

長年この界隈にいながら、一度も来たことがなかったことを悔いてます。

ホントにおすすめだと思います。

 

騎射場放浪記⑤ 喫茶店「亜羅人」

DSC_5019

 

 

 

 

 

当事務所から鹿大方面に60~70mのところにあります。

私の記憶では25年前にはすでに開店してました。

鹿大周辺には亜羅人、車や、三徳など大学生や外回りサラリーマン御用達の飲食店がありますが、私は亜羅人が好きです。

「カランコロン」とドアチャイムを鳴らしながら入店すると壁一面マンガ、マンガ。

ありきたりの喫茶店ですが、とにかく食事がおいしい。

お店のおすすめとしてはスパニッシュライスのようですが、私はいつも昭和風ナポリタン大盛を注文します。

休日出勤して、神経を使わないやっつけ仕事をするときは昼から瓶ビールもいただいちゃいます。笑

DSC_5018

 

 

 

 

税理士会 四県対抗ゴルフ大会

税理士が所属する税理士会は、南九州を一つのブロックとして南九州税理士会が存在し、

①熊本県 ②鹿児島県 ③宮崎県 ④大分県

の四県の各支部で構成されています。毎年11月に親睦を深めるために各県で持ち回りで四県ゴルフ大会を開催します。

親睦会とは名ばかりで各県の威信をかけて優勝をあらそう対抗戦です。笑

大分県が猛者ぞろいで毎回に近い感じで優勝をさらっていきますが、今年は鹿児島で開催。

地の利を生かして今年こそはと優勝を目論んでいました。

 

それと私の今年のゴルフの目標が

①南部選考会を突破して南日本ゴルフ選手権本戦に出場する 

②四県対抗ゴルフで鹿児島の優勝に貢献する 

でした。①は達成できたので残りは②のみ。

前日からの雨。天気予報も午前中まで雨の予報でしたが奇跡的に降っていませんでした。

ただ島津ゴルフ倶楽部は高台にあり霧の心配がありました。

スタート前は写真の通りどんより程度でしたが、いざスタートすると100m先が見えない状態に…

DSC_5010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前方が見えませんのでキャディーさんが前組のキャディーさんと無線で「もう打っていいですか?」「まだグリーンにいます、待ってください」とやり取りしながらのプレイ。

前は見えないわ、小雨もぱらつきグリップが滑ってOB打ったりと前半は43

後半は爆発の38、グロス81で上がることが出来ました。この天候でこのスコアは満足満足。

いざ表彰式。優勝の決め方はダブルぺリア方式で各県の上位4人の成績で決めます。

鹿児島勢は調子のよかった人が多く、また地元開催で全参加者のうち半分が鹿児島県勢という卑怯すぎるアドバンテージで、見事優勝することが出来ました。

DSC_5011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝と2位をS田税理士親子がダブルで取るなど記念的なコンペでした。

せめてベストグロスは…と思いましたが上には上がいて1打差で取れませんでした。グスン

来年は宮崎なので連覇を目指して頑張りたいです。

 

第45回南日本ゴルフ選手権大会 結果

前夜は寝付きは良かったのですが夜中に何度も目が覚め、結局5時に起きて6時に家を出ました。

会場の溝辺カントリーには7時到着。

2日前の日曜日に練習ラウンドして時に飛び込みで入ってこられた大隅の田畑さんに門のところでバッタリ会い声をかけられました。練習ラウンドご一緒させてもらい相当な腕前とは感じてましたが、この56歳の田畑さんが今大会の台風の目になるなんて予想していませんでした。

DSC_5007

 

 

 

 

 

 

8時12分スタート。呑まれた…完全に雰囲気に呑まれた。やはりゴルフはメンタルスポーツです。

スタートホールでは大勢の人やカメラが見てるまえで緊張してしまい、どスライス打って隣のホールから2打目を打つ羽目になりトリプルボギーを打ってしまい、2Hはディボット跡に、3Hでは松ぼっくりに当たったり、松の根に当たったりと散々な目にあい完全に頭が真っ白になりました…

結局三ケタを叩き初日終了、二日目もやっぱりスタートホールでやらかして大叩き。上がり3ホールパーを取れただけが救いでした。

結果を確認してませんがおそらくブービー争いでの予選落ち。新聞にも予選通過者だけが掲載されてて大恥かかずに済みました。

でもこれに懲りず、また来年も出場したいな。

 

それで冒頭で紹介した田畑さんですが、なんと予選1位通過で堂々とカラーでスポーツ欄に掲載されていました。二日目69と大爆発。そして大会初となる小学生の予選通過者もいました。

残念ながら決勝では逆転され3位でしたが、田畑さんは社会人では最上位。優勝は中学生(大会史上初)

あと私は写真掲載なかったのですが同組の方が掲載され、同じカートの私のMIZUNOのバッグが写りこむハプニングが(笑)

DSC_5009

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る