トップページ > 新着情報 > 車両を購入して法人の節税を

車両を購入して法人の節税を

 自家用車を、社用車に用途変更することで、節税することができる方法をご紹介したいと思います。

法人が車両を買い取ることによって、車両の購入金額を減価償却として、法人の経費で落とすことができます。保険料や自動車税、車検費用等の車両諸経費も会社の経費とすることが可能となります。

 

自家用車を個人名義から法人に変えた場合、保険の等級が振り出しにもどり保険料が高くなります。ですから個人名義のまま社用車として使用したいところですが、この場合、税務調査で指摘される危険があります。

これは個人と法人間で売買契約書を作成することや車庫証明を法人駐車場に変更することで対応できると思います。

  この他にも社用車による節税方法があります。それは、車を購入する際に新車ではなく、中古車を買う方法です。特に4年落ち以上の中古車が節税上、大きく効果があるとされています。中古車には、耐用年数の特例が認められており、4年落ちの車なら、耐用年数2年で減価償却できます

 このように、社用車を用いた節税対策があります。

一昔前に「なぜ社長のベンツは4ドアなのか?」という本がベストセラーになりましたがこの類の話です。

4894512262_09_LZZZZZZZ

 

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る