トップページ > 新着情報 > お知らせ > MFクラウドでできること MFクラウド請求書編

MFクラウドでできること MFクラウド請求書編

こんにちは。鹿児島市の会計事務所、きしゃば会計事務所のブログです。

 

今回は、毎月やらねばならない、けれど面倒な請求書の作成、発行を効率化してくれる、MFクラウド請求書についてお伝えさせていただきます。

 

MFクラウド請求書の特徴について

そもそも設立したてや規模がまだ小さい会社については請求書作成ソフト自体を使っていない方が多いのではないでしょうか。

ワードやエクセルにて作成し、角印などを押して郵送している方々がほとんどのように思えます。

取引数が少なければそれでも良いかもしれませんが、取引数が多くなると請求書の作成も大変ですし、請求書を印刷し封詰めし郵送するのは一苦労です。また売掛金の管理をするのも大変になってきます。

これらの一連の請求書発行業務を効率化してくれるのがMFクラウド請求書です。

 

~クラウド型請求書ソフトでどこでも作成が可能~

何度も行っておりますが、やはりクラウド型の特徴というのはソフトがPCに依存していないため、PCとネット環境さえあれば誰でも、どこでも素早く請求書の作成が可能になります。取引先の登録がおこなえるため、クリックひとつで住所の記載が可能になり、ロゴの印影も登録できるため印鑑を押す手間がなくなります。

 

~作成した請求書の郵送を代行~

作成した請求書をメールで送ることもできるのですが、紙で送ってほしいと言われるクライアントも多いかと思います。一枚一枚送付状を作り、封詰めを行い、切手を貼って郵送するのは面倒ですが、これらの作業をボタン一つで代行してくれます。

発送希望日も指定が可能なため、発送を忘れるなどのミスもなくなります。

(基本料とは別料金がかかります)

 

~自動作成で請求書発行の漏れをなくす~

「毎月自動作成」機能を使うことで、同じ内容の請求書を毎月作成する手間がなくなります。

毎月作成する請求書は、一度スケジュールの登録をすると自動定期発行ができるようになります。登録をしておくことで繁忙期などに起こりがちな請求書の発行漏れを防ぐことができます。

 

~MFクラウド会計との連動で仕訳の手間が削減~

同社のサービスであるMFクラウド会計で帳簿を作成する際、ボタン一つで売上の計上が可能となります。また金融機関を登録しておくことで毎日自動で入金データを取得しデータをもとに、請求書から作成された入金予定データと自動的に消込をおこないます。

一度手動で消込を行うことでAIが学習し次回移行の消込の精度がどんどん上がっていきます

 

~複数人での利用が可能~

事業所ごとにメンバーの追加が可能であり、複数人で同じデータを閲覧することが可能です。また権限を設定できるため、「閲覧のみ可能なメンバー」や「編集可能なメンバー」とすることも可能です。

作業履歴も残るため、誰がいつ編集や送付作業を行ったかも確認出来ます。

 

上記に加え、回収業務なども面倒だなと思われるお客様には同社が提供しているMF KEESAIという請求代行サービスもあります。

 

MFクラウド請求書は複雑な処理はいらず、直感的に操作することが可能なためITに疎い方でもご利用いただけます。

毎月の請求書の発行や売掛金の管理が面倒だという方やバックオフィス業務の効率化を考えていらっしゃる方は一度導入のご検討をしてみてはいかがでしょうか。

 

導入を検討されている方、またはご興味を持たれた方は、MFクラウド対応の専門家がおります「きしゃば会計事務所」までご相談ください。

 

以上きしゃば会計事務所のブログでした。

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る