トップページ > 新着情報 > 所長のほぼ週刊ブログ > 顧問税理士次第で銀行融資の条件が変わる?

顧問税理士次第で銀行融資の条件が変わる?

こんにちは。鹿児島市の会計事務所、きしゃば会計事務所のブログです。

 

今回は事業の運転資金の改善や設備投資のため等、事業を展開していく上でなにかとお世話になることも多い金融機関からの融資について、顧問税理士によって金額や条件が変わってくることがあります。この点についてお伝えしたいと思います。

 

昨今銀行はお金を貸したいと思ってはいるのですが、貸したお金をしっかりと回収できるのかが一番の懸念事項になっております。

もともと銀行の審査部には、決算書などから点数をつけ一定の点数以下であれば融資を拒否するというシステムが構築されています。ただ自社のシステムで融資した100%の金額が回収できるわけではありません。

 

第三者からの紹介やお墨付きがあると銀行内でも資金回収の可能性が高いと見られ、比較的スムーズに話が進む事が多いのです。そういった第三者の中でも税理士からの紹介というのは銀行にとって安心ができるいい紹介といえます。

なぜ銀行は税理士からの紹介を喜ぶのかそれらの理由をご説明いたします。

 

まず、良い税理士というのはいいお客様と強い信頼関係があるということです。

税理士は通常の会計業務や申告などを通じて顧問先と親しく付き合っています。申告の際には、会社の税金や社長個人の税金が最小になるようにアドバイスを行い実行します。

 

また、「月末の資金繰りが危ない」というようなキャッシュフローの相談にもよく乗ります。税理士も会計や申告業務の中で会社の財務状況等を把握することができるため、経営者は税理士に対して隠し事は出来ないです。

不当に所得隠しなどを行おうとする顧問先については、税理士から契約解除をすることもできるため、優秀な税理が付き合っている顧問先はそれだけでも銀行にとってよい融資先との判断材料になります。

 

次に良い税理士は銀行とも強い関係を持っているということです。

銀行は常に良い融資先を探しています。そのような銀行に対して、税理士はしばしば融資先として顧問先をよく紹介します。

紹介といっても間を取り持つだけではなく、顧問先ができる限り高い確率、良い条件で融資が通るように書類を作成し、銀行面談の際には経営者に同行するというサポート業務も行っています。

 

 銀行はそのような税理士を多く見ているため、優秀な税理士はすぐに見分けることが出きます。

 

「○○先生の顧問先は、健全な経営をしている企業が多い」 「××先生からの紹介は、本店審査部のOKが出る確率が高い」

 

など、銀行も税理士の評価をおこなっています。

そのため、付き合いのある優秀な税理士には銀行から顧問先の紹介を行うこともあります。良い税理士は銀行とお互いに良いクライアントを紹介しあい、良い関係を築いているといえます。ですので、信頼できる税理士からの顧問先の紹介は喜ばれます。

 

最後に、良い税理は会社の数字をしっかりと把握しているということです。

多くの経営者は銀行から融資を受ける際はできる限りの努力をしますが、一旦銀行から融資が下りるとあとは知らん顔を決め込む人が多いようです。

 

 一年に一度決算報告書を提出する事を求めたりすることは出来ますが、その後の業績の状況については完全に任せっきりになってしまうこともしばしばあり、業績が伸びているのか、落ちているかも把握するこができません。

 

 そういった時、銀行が頼るのが税理士です。毎月顧問先の数字を計算、把握しているためクライアントの社長よりも会社の数字に詳しいからです。

 

また、優秀な税理士は仮に顧問先と会計業務までの契約になっていても、気がついたことは社長へ知らせ、アドバイスを行っていることが多いです。

そのため、本来は銀行が行うべき会社の毎月の数字の把握を税理士が代わりに行い、それをもとに社長に適切なアドバイスを行っている税理士からの紹介というのは、銀行の融資担当者に喜ばれます。

 

これらの理由から銀行は税理士からの顧問先の紹介を喜んでいます。

 

また、優秀な税理士は銀行からのスムーズに借入が行えるかどうかだけでなく、融資後の条件なども変わってくる事があります。

記帳や税務申告だけでなく、うまく税理士を活用し自社の経営に役立たせてください。

 

565431

 

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る