トップページ > 新着情報 > 配偶者控除見直し(廃止)

配偶者控除見直し(廃止)

政府の経済財政諮問会議は「女性が輝く社会」の実現に向けて、夫に扶養されている妻の就労を促す必要があるとして、配偶者控除を見直すよう求める提言案を取りまとめました。

 

   ・・・女性大臣二人が相次いで辞任したこのタイミングで「女性が輝く社会」ときたか(笑)

 

夫に扶養されている妻の年間のパート収入が103万円以下の場合に、夫の税が軽減される配偶者控除は、妻の就労を抑制しているなどと指摘しています。

 

   ・・・たしかにパートさんなどは年収103万円になるよう、月パート代が8万程度に抑えるシフトで働き、それでも103万を超えそうな時は12月途中からパートを長期に休むケースが多いです。年末の繁忙時期にこういうことをされると事業主としては打撃なんですよね。

 

そして、配偶者控除について、妻のパート収入にかかわらず、一定額を夫婦で控除する制度にすることなどを検討し、今年度中に方向性を示すよう求めています。

 

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る