トップページ > 新着情報 > 贈与税の計算方法(暦年課税)2

贈与税の計算方法(暦年課税)2

 前回、贈与税額の税率の変更についてお話ししました。今回は受贈者が特例贈与財産と一般贈与財産の両方を贈与された場合についてご説明したいと思います。

 

 例えば、Aさん(20歳以上)は1年間に祖父から500万円、兄から100万円もらいました。祖父はAさんの直系尊属となるので、特例贈与財産となります。兄はAさんの直系尊属ではないので一般贈与財産となります。

計算方法としては、贈与財産の合計額から基礎控除額の110万円を控除し、その後基礎控除後の課税価格を各財産の税率で乗じます。そして、特例贈与財産と一般贈与財産の割合に応じた税額を計算することとなります。

 

500万円+100万円=600万円

600万円-110万円=490万円(基礎控除後の課税価格)

<祖父からの贈与財産(特例贈与財産)>

(490万円×20%-30万円)×(500万円/600万円)=56万6千円

<兄からの贈与財産(一般贈与財産)>

(490万円×30%-65万円)×(100万円/600万円)=13万6千円

 

よって

56万6千円+13万6千円=70万2千円

が贈与税額となります。

 

 このように、計算方法は少し複雑になってしまいますのでお気をつけください。

113365

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る