トップページ > 新着情報 > 税理士に聞いた「意外と知られていない節税術」

税理士に聞いた「意外と知られていない節税術」

タイトルの特集を、お昼の「バイキング」という番組でやってました。

5位 軽自動車を買うなら4月2日以降に!

     ・・・軽自動車税は4月1日所有者に課税されるから、4月2日に買えば丸一年無税という話。これは固定資産税などでも言えますね。ただ土地や中古物件の場合は慣習的に個人間で按分して負担するのが一般的です。

 

4位 4~6月は残業を減らす

     ・・・社会保険のその年の負担計算は4~6月の給料を元に計算するので。

 

3位 親を節税の対象に出来る

     ・・・これは観てて「おいおい」って思いました。親を税法上の扶養親族に入れろという話ですが、あくまで仕送りなどして「生活を支えてあげてる」というのが税法なので、なにも援助してなければ扶養に入れてはいけません。

 

2位 ふるさと納税で特産物をGet!

     ・・・ふるさと納税した分の額は寄付金控除で確定申告で税控除がある。特産物をもらえた上に税も控除っておいしい話。

 

1位 ドラッグストアのレシートは残す

     ・・・ドラッグストアで購入した医薬品などを医療費控除で確定申告する話ですが、完全に説明不足でした。先のコラムでも書きましたが、あくまで治療に使う医薬品限定なので、将来のハゲ予防のためのリアップ購入は医療費控除出来ません。

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る