トップページ > 新着情報 > 社長宅を社宅にして経費を作りましょう

社長宅を社宅にして経費を作りましょう

社長が賃貸住宅に住んでいる場合、契約を法人に変え、社宅とすることで節税をすることができます。

個人が払う家賃は経費になりませんが

社宅にすることによって、法人経費になるのです

 

ただし社宅を社長に貸与する場合は、法人は一定の家賃を徴収しなければなりません。

社長は法人に社宅家賃を支払い、法人が家主に家賃の全額を支払うという形になります。

社長が法人に支払う額は税法で定められており、床面積等により計算方法が決められています。

例えば、鹿児島で築浅の平均的な3LDKのマンションなどの場合、

 Ⅰ.個人名義で借りていた場合は月12万円の家賃は経費として認められない。丸々12万円の出費。

 Ⅱ.法人名義で借り社宅とする場合は社長は法人に月に4万円ほど支払い、法人は12万家賃を支払うので、差額の8万円が法人負担の経費になるのです。

名義を変え、適正な経理処理をすることで1年で96万円法人の経費が作れるのです。

 

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る