トップページ > 新着情報 > 「金」の売買の申告もれの税務調査強化

「金」の売買の申告もれの税務調査強化

 プラチナ等の価格は依然として高値水準にあり、譲渡によって多額の利益が発生する状況が継続している一方で、申告漏れは年々増加を続けている。

国税庁では、平成26年度も引き続き調査を強化していくことを明らかにしている。

平成25年の金プラチナ等の申告もれは3193件!申告漏れの税額はなんと160億円!

そりゃ、徹底的に調査しますね。「バレない」と思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、200万円超の取引があった場合、店側は税務署に「どこの誰々から、いくらで買いました」という報告書の提出義務があるので、自分が隠してても税務署には筒抜けなのです(笑)

鹿児島市の税理士|きしゃば会計事務所|当日相談可能

トップへ戻る